JAMA(米国医師会雑誌)の 人気連載「Rational Clinical Examination」の論文を日本語で1 冊にまとめた「論理的診察の技術」が電子版となりました。

問診や診察から得られる臨床所見を徹底的に吟味し、どの所見が診断の確率を高めるか、あるいはどの所見がないと特定の疾患を除外できるか―――などをエビデンスに基づき科学的に検証していきます。

臨床診断学に新たな地平を切り開いたと評判の名著を、あなたのスマートフォン・タブレット端末に!




700ページを超える大容量書籍も、インクリメンタル検索機能を使えば、知りたい情報を“素早く”“簡単に”ご参照いただけます。

「About」メニューから、インクリメンタルサーチをオンに。(初期設定ではオンになっています)
一文字入力するたびに検索候補が絞込まれるので、調べたい語句を全て入力する手間なく、目的の情報を検索頂けます。



1章1章が大容量の本書、電子版では各ページ内に新たに目次リンクをお付けしました。
目次リンクから知りたい項目をタップするだけで、同画面内の該当箇所へ瞬時に移動します。

長いページも、スクロールしながら探す手間なく確認いただける、電子版ならではの便利な機能です。



世界中の英語論文を参考にして書かれた本書。その参考文献は、やはり多大な数となります。

電子版ではそんな参考文献もワンタッチで閲覧が可能です。原論文および関連文献を、手間なく、簡単にご確認いただけます。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます




TOPに戻る


発売以来増刷を重ねる大好評書がPDA版となりました。
研修医から集中治療医まで、ICU領域における必要な情報が1冊にまとめられた実践書の決定版!

本書はICU業務に必須の膨大な知識、治療・管理の進め方を病態毎に臨床に即したかたちで解説した実践書です。


本書のポイント

・患者管理を切り口に各領域のエキスパートがあらゆる角度から詳細に解説

・病態に応じた目標値・設定値や、薬剤投与量の目安を具体的に明示

・ガイドラインやエビデンスをふまえつつ、現場で役立つ指針を紹介




ICU実践ハンドブックにも、もちろん「インクリメンタル検索」機能を搭載しています。

「About」メニューから、インクリメンタルサーチをオンに。(初期設定ではオンになっています)
一文字入力するたびに検索候補が絞込まれるので、調べたい語句を全て入力する手間なく、目的の情報を検索頂けます。

詳細画面では、検索結果で選択した語句が黄色でハイライト表示に。調べたい箇所が一目瞭然です。



PDA版独自に、目次ページに各図表へのリンクをご用意いたしました。
調べたかった図表が、簡単に、迷わずにご参照いただけます。

日々救急・ICU業務に従事する研修医、集中治療医、また看護師までぜひご活用いただければ幸いです。



本文中の薬剤名を選択することで今日の治療薬へ簡単リンク。ワンタッチで薬剤の詳細情報をご確認いただけます。

薬物投与量の目安を具体的に解説した本書にマッチした、電子版ならではの機能です。

該当製品がインストールされている必要がございます。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます




TOPに戻る


どのようにCCUに収容し、素早く鑑別診断して確実な治療体制を築くために必要な情報と、さらに薬剤の処方例も掲載!

診断・治療のポイントが一目でわかるフローチャートを数多く掲載し、文章はすべて箇条書きで解説。現場ですべきことが即座に把握いただけるCCU業務のマニュアル書です。

CCU勤務医のみならず、すべての循環器内科医に!





大好評の「インクリメンタル検索」機能を活用して、楽々検索♪

「About」メニューから、インクリメンタルサーチをオンに。(初期設定ではオンになっています)
一文字入力するたびに検索候補が絞込まれるので、調べたい語句を全て入力する手間なく、目的の情報を検索頂けます。

詳細画面では、検索結果で選択した語句が黄色でハイライト表示に。調べたい箇所が一目瞭然です。



「CCU実践マニュアル」単体の検索はもちろん、お持ちの他書籍との一括串刺検索、さらに文中語句の検索が可能な「文中語句検索」機能搭載。
気になる語句を指定いただくことで、「現在閲覧中の書籍(Self)」、「インストール済みの任意書籍(Select)」、また「インストール済みの全書籍(All)」と3種の検索が、煩わしいタッチパネル(キーボード)での入力なしに可能です。

いろいろな検索機能で、知りたい情報に瞬時にアクセス!
確認・学習に、PDA版の最も大きな特徴です。

iOS限定の機能です。



本書の特徴でもある豊富なフローチャートへは、「目次」または「語句検索」から簡単に辿りつくことができます。


例えば、「ACLS」の一連のフローを確認したい場合・・・


その1)各章目次に設置された各図表へのリンクをたどって、フローチャートを参照することができます

その2)検索欄に語句を入力してその検索結果から、フローチャートを参照することができます。



忙しい救急の現場や日々の診療時など、電子版ならではの便利機能で、素早く・快適に知りたい情報を参照することができます。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます




TOPに戻る