正常像がわかる × 画像が読める
毎日の講義から卒試・国試まで、基本的な画像解剖をカバー!
医学生はもちろん、医師になってからも役立つ内容満載です。

エックス線、CT、MRIなど放射線画2の解剖を全身・各断面で掲載。
正常画像を完全に理解し、読影力アップの一助となること間違いなし!


電子版オリジナル機能!部位名をポップアップ表示

電子版では、収録画像に記載の各部位番号をタップすることで、対応する部位名がポップアップ表示されます!

講義や実習、試験対策だけでなく、実際の読影にも役立ちます。
ぜひご活用ください!


サムネイル画像から該当箇所へ楽々移動♪

各ページ冒頭のサムネイル画像にはすべて該当する箇所へのリンクが設置されています。
見たい画像をタップするだけで、瞬時にその場所へ移動!

電子版ならではの機能をご利用ください。


その他の「コンパクトナビシリーズ」も、絶賛発売中!

PDA版画像診断コンパクトナビ(第3版)

放射線医学の全領域をカバー!理論がわかる・画像が読める!医学生・研修医必携の書

PDA版心電図・心エコーコンパクトナビ

心電図と心エコーを、基礎知識から各疾患の読影ポイントまでギュギュっとコンパクトに解説!

PDA版病理診断コンパクトナビ

「苦手」という声の多い病理画像の読み方を、基礎知識から各疾患の症例画像までコンパクトにまとめた一冊です。

「コンパクトナビシリーズ」全4製品がまとまったお得なセット商品はこちら!




まずは無料【体験版】でお試し頂けます

TOPに戻る

原著 「Current Essentials of Medicine, Fourth Edition」
ローレンス・ティアニー教授を中心とする米国の臨床医たちの
「医学の知」「経験知」が、この一冊に凝縮!

泌尿器科、小児科、産婦人科、皮膚科、精神科、外科、眼科、耳鼻咽喉科など、他の診療科の医師に
紹介する機会の多い疾患も網羅。各疾患について、診断の要点、鑑別、治療、パールが簡潔にまとめられた書。


各疾患名からイヤーノートへダイレクトリンク!

タイトルの水色の下線が引かれた語句から、「イヤーノート」の関連項目へダイレクトにリンクします。

電子版なら、疾患についてより詳しく調べたい時、一から探す手間なくワンタッチで参照が可能です。

イヤーノートがインストールされている必要があります。


PubMed収録文献をダイレクト参照

文中の参考文献から、PubMed WEBサイトの関連論文ページへ、ダイレクトにリンク参照が可能です。
情報収集にご活用ください。

PubMed Webサイトの閲覧にはインターネット環境が必要です。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます

TOPに戻る



『子どもの心の診療シリーズ』 スペシャル・イッシュー
子どもの心の診療に携わる医師や専門家が身近に置いて、
臨床上のヒントを求めて気軽に参照できることを目的につくられた小事典。

子どもの心の診療を、「診察の仕方・診断評価法」、「精神医学的治療・支援法」、「各障害の診療の仕方」の
3領域に分け、第一線で活躍する著者が、そのエッセンスをくまなく披露した一冊。


ページ内目次で、知りたい情報に簡単遷移

電子版では、情報量が多く、長いスクロールが発生するような画面には「ページ内目次」を設置!

忙しい日々の診療でも、迷わず簡単に知りたい情報に辿りつけるよう、工夫されています。
ぜひ電子版ならではの機能をご活用ください。


大好評「今日の治療薬」へのリンク機能も!

文中のオレンジ色の下線がひかれた薬剤名を選択することで、お持ちの「今日の治療薬」の該当薬剤をワンタッチで参照することができます。

今日の治療薬がインストールされている必要があります。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます

TOPに戻る



「診断のコツ」編と「治療のポイント」編の2部構成
神経内科の診療のアプローチとしてその入り口にあたる
「主訴」と「症候」に着目し、診療を進める過程を示した。

外来や当直で出会うさまざまな神経学的症候(けいれん・頭痛・めまい・しびれ・ふらつき・意識障害 etc)を
正確に診断する力をつけ、適切な治療に結びつける技を磨くための指南書。


知りたい情報へは目次をたどって簡単遷移

電子版では、書籍に基づいて独自に目次画面を設置。
知りたい情報へは、目次をたどって探すことができます。

[診断のコツ]編では、主訴と症候に対する診療のポイントを【Step】としてまとめています。

当直現場などでさっと確認したい時など、ご活用ください!


電子版でも「付録」をバッチリ収録しています!

電子版では、書籍に収録されている巻末付録ももれなく収録しています。

Japan Coma Scale、Glasgow Coma Scale、Hoehn&Yahrの重症度分類など、ちょっと確認したい時にいつでも閲覧可能です。




まずは無料【体験版】でお試し頂けます


TOPに戻る